化粧水によるスキンケア

img1-1

化粧水は女性のスキンケアに欠かせないアイテムなのですが、手でつけた方が良いのかコットンで付けた方が良いのか迷っている人もいるでしょう。

一般的にはコットンを使った方が衛生的ですし、ムラなく顔全体につけられるというメリットがあります。

しかし、コットンは肌への刺激が大きくなってしまうこともあるため、正しい使い方を知っておくことが大切です。


コットンでスキンケアを行う場合、化粧水を十分に含ませてから膚に使うことがポイントです。


手を下に向けてもコットンが落ちないくらいたっぷり含ませるようにしましょう。

肌に使う時には毛穴の向きに合わせて下から上に擦らないようにして肌に優しくつけていくことがポイントです。



しっかり浸透させたくても強く擦ってしまうのは良くありません。

エキサイトニュース全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

強く擦ってしまうと肌への刺激が大きくなってしまうので注意しましょう。

化粧水のランキングを検索してみてください。

拭き取りタイプを使う時でもあくまで肌の上を滑らせるように軽い力で拭き取るようにすることが大切です。
ちなみに、化粧水は頬や額など面積の広い場所から順番につけていくことがポイントであり、乾燥が気になる部分は重ねてつけるようにしましょう。


また、顔全体の乾燥が気になる場合はシートマスクなどを使っても良いということです。化粧水は顔表面を撫でるだけではなかなか成分が浸透しないとされています。


しっかり効果を実感するためにはたっぷり使うことが大切であり、朝と夜の2回のケアを心がけましょう。


おすすめ情報

img2-1

加齢とともに肌が乾燥して、様々な肌トラブルを生じて悩んでいる方は大勢います。乾燥すると肌が刺激に弱くなるため、シミやくすみができやすくなったりニキビや吹き出物もできやすくなってしまいます。...

more

笑顔になる情報

img3-1

若い頃の肌を永遠に維持したいと考える人は多いです。20代前半の肌は、トラブルを感じていない人はいます。...

more

美容を知るべき!

img4-1

40代になるとお肌が乾燥しやすくなるので、保湿成分が豊富な化粧水を使って、足りないうるおいを補給しなければなりません。かさついた肌の女性はしわやほうれい線が出来やすく、年齢以上に老けて見られやすいので、20代の頃のような若々しい肌を取り戻したいなら、常日頃のケアが重要になります。...

more

大人の常識

img5-1

クレンジングの後は化粧水をつけることはひとつのスキンケアの流れになっていますが、役割を理解せずに使っていることも少なくありません。クレンジングや洗顔後は肌に水分があり化粧水は必要ない印象がありますが、実は洗顔後、何もしないと肌の水分は失われていきます。...

more
top